www.graniteedge.net

マイカーの査定ポイントとして焦点を当てられるところに走行距離がまず考えられます。一般的に走行距離は車の耐用年数と見られる場合もありますのでその車の走行距離が長いとそれだけ買取査定の際にはマイナス要因とされます。一般的には走行距離は短ければ短いだけ自動車の売却額は増えますが、本当のところそれほど詳しい線引きはないので、決まった線を引いて査定されます。これについては実際自動車を中古車買い取り業者で売買に出す時も重視される売却額査定の重要な注意点です。例えば普通車の場合一年で10000キロが基準としてこれを超えて走っていると一般的にマイナス査定になるのです。軽自動車ですと年間8000キロがまた年式が古いのに距離がかなり少ないケースでも見積額が高くなるというわけでもありません。現実にやってみるとよく感じられると思いますが、車は適時乗ってあげることによっても車両のコンディションを保ちますから短い走行距離の車の場合、故障が起きやすいとみなされることもあります。これは中古車の査定に関しても同様です。年式と走行距離での見積査定のポイントは、保有年数にたいして程よい距離を走っているかという点です。そして車の年式も、中古車の売却額査定の大切な注意点です。しっかりわかっているというかたも多いだと考えていますが、基本的には年式については最近であるほど買取査定では高評価が出やすいのですが例外としてその年式に特別な価値がある車は、古い年式の車でも高値で見積してもらえる場合もあります。同様のもので同一の年式でもその年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジがなされている場合は、当然そのモデル次第で査定は変わってきます。同様の自動車の査定金額というような場合でも程度により評価は変化してきます。

Link

Copyright © 1996 www.graniteedge.net All Rights Reserved.